髪への紫外線の影響って?

スタイリストの浅井剛史です。
暑かったり雨が多く肌寒かったり、忙しい夏ですね(^^;;
今回は髪への紫外線の影響のお話。

まず、秋口はトリートメントを追加オーダーされる方が多いです。
何故年間を通して秋なのか。
それは、髪の手触り、質感が著しく変化するからです。
「あ、なんか髪が痛んでる、、、」

「髪が切れる。」

「枝毛が、、、」
そんな髪の変化から、なんとかしたい。っという思いになるみたいです。
でも、なんで秋??
それは夏に受けた紫外線の影響が大きく関係してきます。
紫外線での痛みは即出るわけではなく、時間がかかるみたいで、秋口に変化がでるみたいです。

考えてみれば、お肌よりもずっとずっと近い距離で、常に紫外線を受けるのは髪の毛です。

例えば、手の甲と二の腕の内側の肌を触り比べると肌の質感がまるで違うと思いませんか?

紫外線の影響はそれくらいあるんです。
さらに、夏は海やプールに行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば海、海水は言ってみれば薄〜くしたパーマ液みたいなもので、紫外線を受けながら海水に長時間浸した髪はどんな影響があるか、想像すると、海やプールの後のギシギシ、バサバサ感は納得がいきますT^T
秋口の変化に対応する為のヘアケアはしっかりした方がよさそうですね。
シャンプーやトリートメント、オイルなどしっかりと状況にあったケアをオススメいたします^ ^
オススメ商品は、
シャンプー、トリートメントは
《オージュアのイミュライズ》

洗い流さないトリートメントオイルは
《モロッカンオイル》

状況にもよりますので、まずは浅井剛史にご相談下さい^ ^
浅井剛史