こんにちは

スタイリストの太田です

 

夏になり、湿気がありますね。

 

アイロンで髪を巻いても、

すぐに戻ってしまう季節…。

 

私は髪が直毛な上に湿気の影響を受けやすく、

本当にすぐぺっちゃんこになって、

『今日手抜きなの?』と言われるヘアスタイルに

なってしまいます。

 

せっかく朝に時間をかけて

スタイリングしているのだから

どうにかこうにか保ちたいところ。

 

 

いったいどうしたら良いのか!

というのをご紹介します^^

 

 

髪の水分が残りすぎているのは大敵!

【まずは、しっかり髪を乾かすこと。】

朝、髪が乾いている状態でも

軽くブローしてから巻き始めるのがオススメ。

もしブロー前からパサパサの場合は

軽く霧吹きで濡らしてからブローして

キューティクルの状態を整えましょう!

髪に水分が残っている状態で巻くと、

アイロンの高温で髪内部の水分が蒸発し、

水蒸気が外に出る勢いで髪が傷んでしまう上に、

巻いてもダレやすくなってしまいます。

 

 

しっかりめに巻いておく

【巻く時はできるだけ高温で!】

やはり高温で巻く方がキープ力はアップします。

が、高温で長時間髪に当てるとダメージに繋がるので

5~8秒くらいにしましょう(^^)!

 

低温で長時間かけても

髪質によってはやはり巻きが取れてしまいやすく、

長時間キープ、というのを意識するなら

ちょっと高めの温度設定にしてあげるのが良いです。

 

 

スタイリング剤を使う

【スタイリング剤はワックスとスプレーで!】

ワックスのスタイルキープ力には

やはり頼ったほうがいいです。

オイルだけ、とかより断然スタイルが保ちます。

ですが、あまりつけすぎないように注意です。

ワックスの重たさで逆にカールが伸びてきてしまうことがあります。

 

そしてスプレーでホールド!

スプレーはカールの下からやってあげるとキープ力アップ!

梅雨時期はやはりハードスプレーのほうが

しっかりキープされるのでオススメですね^^

ハードスプレーのゴワゴワ感が気になる、

という方は艶出し系の軽めスプレーでも

スプレー無しよりは巻きがキープされます!

 

 

他にも、巻く前に専用のスタイリング剤を使う、など

ありますが、まずはこれで試してみてください。

 

 

ブローしたり、

高温のアイロンでスタリングしたり

ワックスを使ったり…

正直髪の毛への負担がかかることもあります。

 

なので、普段からの

オイルやミルクでのヘアケア、

ちゃんとワックスを洗い流すなどの

シャンプーのやり方にも気をつけて、

美髪をたもちつつ

この湿気の時期を乗り切っていきましょう…!

 

 

ALICe by afloatでは現在、一緒に働ける仲間を募集中です!
詳しくはこちらから!
【リクルートページ】