こんにちは。

スタイリストの太田です。

 

お客様からよく『カラーがすぐ抜けてしまう』と

ご相談を受けます。

せっかく美容院で安くもない金額を出すのだから、

綺麗な色をキープしたい!と思うのは当然のことですよね。

 

 

まず、ヘアカラーってなんなの、というとざっくり説明すると

基本的には1剤と2剤という二つの薬を組み合わせて、

この海苔巻きみたいな構造をしている

髪の毛の、一番外側のキューティクルを開き、

髪の内部にお薬を浸透させて

カラーの色味を入れるような施術になります。

 

*なぜ色が抜けるのか…?

褪色(カラーの色が抜けること)は、単純に、

髪の内部に浸透させた色素が、またキューティクルを通って

出て行ってしまうことが主な原因になります。

 

*色が抜けやすい髪の毛

髪の毛が傷んで、キューティクルが開きやすくなっている場合や、

カラーの色素が定着するための髪の毛の内部のタンパク質が

なくなってしまっている場合、

髪を洗うたびにカラーが抜けていってしまいやすくなります。

 

日本人はもともと髪の毛のキューティクルが

脆く、傷みやすい髪質と言われています。

 

*紫外線も注意!

これからの時期、お肌にも大敵な紫外線。

髪の毛にも大きな負担がかかります。

髪の内部の色素を壊してしまうんですね。

もともとの地毛の黒髪を明るくしてしまう紫外線ですが、

アッシュ系のカラーはすごく紫外線に弱いです。

外にいるだけで髪の毛の色が変わってしまうという悲しいところ…

 

帽子や、日傘などの対策や、

髪の毛の日焼け止めスプレーなどが効果的です。

 

*どういうカラーをすれば褪色しにくい?

最近は、カラーのメーカーさんの努力で、

色持ちしやすいカラー剤、というものも増えてきています。

 

でも色味で言うなら、

ブラウン>アッシュ≒ピンクという感じで、

カラー剤で使っている色素の都合なのですが、

茶色味を強くするとカラーは色持ちしやすいです。

 

*でもブラウンより透明感のあるアッシュ系にしたい

…と、いう方も多いと思います。

私もそうです。

そういう方は、やっぱり普段のケアでの

色のキープを計っていくのがいいと思います。

 

月並みにはなりますが、

髪内部のタンパク質とキューティクルのケアのために

トリートメントはしっかりやっていただきたいです。

 

あとはカラートリートメントや

カラーシャンプーを使って、

抜けていく色素を補修していくのも一つの手段です。

アリスにもオリジナルのカラーシャンプーがありますが、

髪の毛に色素を足してくれるので、

次のカラーのタイミングまで

そんなに褪色が気にならなかった、と

お声をいただくことも多いです^^

 

 

なんにしても、普段のケアなしには

色持ちも難しくなってしまうので、

色々気をつけていきたいですね…!

 

 

 

 

ALICe by afloatでは現在、一緒に働ける仲間を募集中です!
詳しくはこちらから!
【リクルートページ】